1年半で妊娠!多嚢胞でもクロミッド・柴苓湯・葉酸で授かれた話

妊活

妊娠を希望して1年が経過してもなかなか授からず、もしかしてどこか悪いのかな……と思い婦人科を受診。

多嚢胞性卵巣症候群と診断されました。

そこから不妊治療を開始。

クロミッド・サプリ・漢方・注射などの治療を経て、妊娠することができました。

わたしが行ってきた不妊治療、妊活についてまとめます。

手軽に始められる「妊活最初のステップ」は葉酸サプリです

婦人科を受診して初めて知ったこと

生理は毎月来ていたので、いずれ妊娠すると思っていました。

しかし。婦人科で「排卵できていない」という事を知りました。

(関連記事)
悲報。排卵検査薬陽性が続き受診したら「全く排卵してない」との診断

先生に、「排卵してないね。」と言われた時は、

えっ、自分が…??という驚きとショック。

子供を授かるという事は「奇跡」なんだと改めて考えさせられました。

不妊治療まず最初にしたこと

治療を始めることになり、一番最初に卵管造影検査をしました。

(関連記事)
初めての卵管造影検査。所要時間や費用は?痛みは?まとめ

検査の結果、卵管には詰まりもなく、目立った異常はありませんでした。

この時点で、

次の周期から「排卵誘発剤(クロミッド)を使用してみよう」と言われました

はじめてクロミッドにチャレンジ

排卵誘発剤「クロミッド」という薬を処方され、

指定された5日間、毎日1錠を服用し、タイミング法を実施

(関連記事)
初めてクロミッドを飲んだ周期はリセット。次は漢方で不妊治療?

2周期目は漢方もあわせて飲み始めました

クロミッドだけではうまく体温が上がりませんでした。

そこで、クロミッドにプラスして「柴苓湯(サイレイトウ)」という漢方の服用を開始。

(関連記事)
柴苓湯を飲んだ初周期の症状&不安やイライラとの向き合い方について

毎日飲むの、辛かったです。

「空腹時服用」という条件のせいか、胃は痛くなるし、

美味しくないんですよね。漢方って……涙

3周期目は初めて注射も打ちました

クロミッドと、柴苓湯を引き続き服用。

今期はさらに、

HCGという注射を初めて打ってもらった周期でした。

(関連記事)
初めてのHCGという注射。痛み方と接種後の症状や費用について

4周期目で妊娠することができました

クロミッドと、柴苓湯を引き続き毎日朝晩服用。

→妊娠検査薬陽性

(関連記事)
え、本当に?高温期13日目フライングで陰性→後日まさかの陽性

治療を通して感じたこと

漢方を毎日朝晩飲むことが辛かったです。
  • 独特のにおい
  • 胃痛
  • 飲み忘れてしまう

本当に効果あるの?と思いながら続けることがとても苦痛だった

そんな中でも、

通っていた婦人科の先生には

漢方は飲み続ける事が大切。飲み続けて初めて効果が出てくるんだよ~!

と言われていました。

妊娠検査薬陽性が出た4周期目のこと

リセットしてしまった1~3周期目と妊娠に至った4周期目の違いについて。

思いつくとしたら、

下記2つが、違ったことかな??と思います。

その1 毎朝10分ヨガ

朝ヨガ-クイック10分朝ヨガ

「朝ヨガ」にハマり、4周期目は毎朝やってました。

YouTubeの10分~15分ぐらいで終われる簡単なもの。

「顔のむくみ解消ヨガ」とか、

やるとほんとに顔まわりすっきりして気持ちいいんですよね~。

朝からヨガしちゃう意識高い系女子な私、すてき。

精神的にとても清々しいのも理由のひとつです。笑

その2 葉酸サプリ飲んでた

何かプラスでできることはないものかと考えて、一番手軽にできそうと判断し買ったサプリ。

その後も何種類か違う葉酸サプリを買ってみては頑張って飲んでました。

手軽に始められる「妊活最初のステップ」は葉酸サプリです

(関連記事)
何が違う?不妊になった私。比べてわかった3つの事と今できる事

もはや、ある意味おまじないとして。

妊活には葉酸サプリが必要!!

と最近あちこちで目にしますが、「本当に必要なのね…」と心底思う今日この頃。

もっと早く病院に行けばよかった

自分が妊娠しづらい体質だとは思ってもいなかったので、

もっと早めに病院に行っていれば…と後悔した時期もありました。

そして、同じ治療をされている方のブログをたくさん見ました。

そのたびに、

後悔してても意味ない。やれることをすべて試してみるしかないんだ!

と励ましてもらいました。

診断された時はショックで、帰りの車でひとり泣きました。

こうしても文章にまとめてしまうとあっという間ですが、

リセットを繰り返した1年半は、不安とストレスにかられる日々でした。

妊活をはじめた結果、
仕事・子育て・家事へのストレスがより増して、
家族にあたり、そんな自分に自己嫌悪することもありました。

生理周期がバラバラで、治療する日は不定期でした。

なので会社を休む日程について、会社へは直前に告げるしかなく…。

上司に苦笑いされてしまうことも多々ありました。

いろんな人にサポートしてもらうしかなくて。
これは本当にストレスだった。そして、
いっぱい助けてもらった。

そんな中でもなんとか気負いすぎず、

できるだけ前向きに…と、必死で気持ちを切り替えてめげずに妊活に臨みました。

まとめ

妊活を始めて約1年半で妊娠することができました。

4周期目という早いタイミングで妊娠できたこと、

本当に幸運なことだと感じています。

同じような不安と悩みから、

このブログにたどり着き読んでくださっているあなたにとって、

この記録がほんのすこしでもお役に立てたらうれしいです。

コメント