WEB初心者ママがワードプレス指南書最初の1冊に選んだのはこれ!

仕事・保育園

ここ数日、通勤時間を使って、ひたすらワードプレスに関しての記事を読み漁っています。

読んでいくうちに、どんどんいろんなリンクに飛び…最終的には「あれっ、何を調べていたんだっけ」となる。ネットサーフィンあるあるです…

やっぱり本を買ったほうが良いのではないか

そんな結論にたどり着きました。笑

特にワードプレス関連の情報はありがたいことにネット上にたーくさんあります。

正直完全初心者なわたしにとっては一体どれを信じたら良いのかわからず…気づけばネットサーフィンで一日が終わる始末。

そこで調べてみました。至ってシンプルに「ワードプレス 初心者 本」と。そしてあまり深く考えずに気になった記事をクリック!そのサイトがとてもわたしには読みやすかったのでご紹介します。

【保存版】WordPressの学習本をレベル分け!入門、中級、上級全6冊

ワードプレスの教本をレベル別に紹介してくださっています。

もちろん私は「入門編」!

夫の仕事が休みで息子のお迎えに行ってくれる日、仕事帰りに本屋に行っておすすめの本たちを実際に見てきました。やはりWEBサイト関連のコーナーもそれはそれはたくさんの関連本であふれておりました。わたしは侍エンジニア塾ブログ編集部さんが「入門編」として書かれていた

1.はじめての簡単WordPress入門[決定版]

はじめての簡単WordPress入門 [ 原久鷹 ]

価格:1,620円
(2016/4/8 15:50時点)
感想(2件)

2.いちばんやさしいWordPressの教本 第2版 WordPress 4.x対応

いちばんやさしいWordPressの教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 第2版 WordPress 4.x対応【電子書籍】[ 石川 栄和 ]

価格:1,663円
(2016/4/8 16:05時点)
感想(1件)

こちらの2冊で悩んでました。本当はネットで買っちゃおうかとも思ったんですが、最初のスタートをともにする運命の1冊はしっかりこの目で見て決めたい!との思いから本屋に足を運びました。

実際2冊を見比べた感想。

1.はまさしくマニュアル本!といった印象。この本を開いて、横で手を動かしながら進めていくタイプ。

これまでいろんなジャンルの教本を買ってきた私としてはTHE・王道のイメージ。

2.は色を豊富に使って、細かな字で、どちらかというと手を止めて読み込む必要がある印象。(分かりづらくてごめんなさい泣)

たぶん15分はこの2冊を見比べました。どっちがわたしの運命の1冊となってくれるのか・・・

最終的には1.はじめての簡単WordPress入門[決定版]を購入いたしました!!

目次はこんな感じです。


シンプルでとっても読みやすい!

決め手はひとつ。

わたしが使用することに決めたレンタルサーバーとドメインの会社が本書の中で例として使用されていたからです。

これなら何やらわけわからないサーバーとかドメインとかのことも見たままやればいいんだもんね!という単純な理由です。

ちなみに実例として使用されているのは

  • レンタルサーバー ロリポップ
  • ムームードメイン

こちらの2つです。

それぞれが連携しているため、初期設定は無知で初心者な私でも非常に簡単でした。

(2.の本ではさくらインターネットが実例として使用されてましたよ)

「サーバーとドメイン」という用語への苦手感

数あるサーバーやドメインの会社。正直なんかどれも違いがわからなくて。

しかもいかにもWEB用語!って感じで難しくてチャレンジ開始早々、ちょっと挫折しそうになりました。(得意の3日坊主)そんな時はとにかくネットサーフィン!笑

→この記事では簡潔に説明がされていて、漠然とした「苦手だな~いまいちわかなんな~」というモヤモヤがかなり解消されましたよ!

そして、わたしは生まれ変わるんだ!ネオちゃんえりになるんだ!と自分を奮い立たせ、笑結局WEBサイトを運用している弟にお悩みLINEを送り、弟が使用しているという上記のサーバーとドメインの会社をそのまま真似して契約することに決めました。

そんなわけでこの記事を書くまでにたどりつき、現在に至ります。

実際の教本の使用感も、時間を見つけて感想をまとめられたらと思います!
(子供が素早く寝てくれたら夜たくさん時間がとれるのですが…)

さて、最初の運命の1冊を手にしたわたし。王道マニュアル本くん!共に戦いぬいていこうぜ!!

コメント